適切な排水処理

適切に排水を処理する

適切な排水処理

 ネスレは、再利用または環境に放出する前に、使用する水の処理に最も効率的な技術と手法を適用しています。ネスレの事業活動から出る排水は責任をもって処理し、水を環境へ戻すにあたって厳格な水質要求事項を守っています。2016年には、水準がすでに高い『ネスレ環境要求事項(NER)』を、新たな排水基準を含めてさらに強化しました。

2016年の私たちの目標

 2016年までに、全工場で水質と排水に関して新たな『ネスレ環境要求事項』を履行すること。

現在までの私たちの進捗状況

 2016年末までに、製品1トンあたりの排水量を1.4m3に削減し、排水の平均水質は1リットルあたりの化学的酸素要求量(COD)が72mgとなり、2015年に比べて改善しました。過去10年間に、製品1トンあたりの排水量を55%削減しました。

 ネスレの全工場は、施設内に自前の排水処理施設を備えているか、公共施設に接続しています。必要に応じて各工場にNERを順守させるための投資を行っており、2016年には工場の効率性、保全対策、処理施設の改善、および処理の要求事項の強化に2,250万スイスフランを支出し、2010年以降の投資額は1億700万スイスフランに達しました。

 ネスレは、排水の発生を最小限に抑え、副産物から価値を回収することを目指しており、汚泥の96%を回収するか再利用しています。また、排水に関する研修、ワークショップを改善したほか、ステークホルダーと協力しながら環境保護対策を検討しています。

私たちの目標

 2017年までに、環境保護を推進するため、水質と排水に関して、強化された新しい『ネスレ環境要求事項』の履行状況を全工場でモニターすること。