利用方針と水管理

効果的な水の利用方針と管理を推進する

利用方針と水管理

 水は共有資源です。資源保護には、すべてのステークホルダーと協力して取り組むのが最善方法です。そのため、ネスレは注目度の高いアドボカシー(権利擁護)イニシアチブに関与しており、グローバルな水問題にプラスの影響を与えられるのです。

2016年の私たちの目標

 2016年までに、2030ウォーターリソースグループ官民パートナーシップ構築に引き続き取り組み、年間2カ国を追加、グッドプラクティスについてのグローバルカタログを制作し、公表すること。

 2016年までに、CEOウォーターマンデートの『水と公衆衛生に対する人権の尊重に関する企業のガイダンス』の発行を支援し、特定市場で水のデューデリジェンスについて本ガイダンスを試験的に実施すること。

 2016年までに、持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)を支援し、WASH宣言への加盟企業50社を達成すること。

 2016年までに、アライアンス・フォー・ウォーター・スチュワードシップ(AWS)による国際ウォーター・スチュワードシップ基準の導入プロセスを開始、5カ所以上の拠点で実施すること。

 2016年までに持続可能な農業イニシアチブプラットフォーム( S A I プラットフォーム)と「サステナブル・フードラボ(SFL)」と協力し、水のリスクアセスメントと軽減に関する共同イニシアチブを、原材料農産物調達地域の1カ所以上で実施すること。

現在までの私たちの進捗状況

 ネスレは現在、2030年までに水ストレスの高い地域の水需給問題に対処することを目指す官民、市民社会の協力体制である、2030ウォーターリソースグループの議長を務めています。

 ネスレは、全社員のため安全な水と公衆衛生と衛生状態(WASH)へのアクセスを確保することを目指す、持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)の宣言を支持しています。WASH宣言を確実に順守するため、ネスレの施設を継続的に自主評価し、行動計画を通じてギャップを特定し、是正しています。現在までに、43社の加盟企業がWASH宣言を採択し、250万人の社員に水と公衆衛生へのアクセスを確保しています。ネスレは、2016年までに加盟企業50社到達というWBCSDの目標も支援しています。

 2016年、ネスレは19の企業および環境団体とともに、カリフォルニア・ウォーター・アクション・コラボレーティブ(CWAC)の創設メンバーになりました。CWACは、カリフォルニア州の住民、企業、農業、自然のための水安全保障の改善を目的としたプロジェクトに、ステークホルダーが協力して取り組むプラットフォームです。ネスレは、大規模な環境再生による水供給の改善方法を調査する2つのCWACプロジェクトと、必要な評価、運営、管理を民間部門が支援できる分野を特定するための共同活動に参加しています。

2020年に向けた私たちの目標

 2017年までに、世界資源研究所による‘持続可能な水コスト’を判定するオープンソースの評価方法の開発を支援すること。

 2020年までに、2030ウォーターリソースグループ官民パートナーシップの構築に引き続き取り組み、年間1カ国を追加すること。

 2020年までに、3カ所以上のネスレ市場で、CEOウォーターマンデートの地域ネットワークの構築を積極的に支援すること。

 2020年までに、新たに5カ所の拠点でアライアンス・フォー・ウォーター・スチュワードシップ(AWS)の基準を実施し、この基準を引き続き支持すること。

 2020年までに、5カ所以上の農産物調達地域で、持続可能な農業イニシアチブプラットフォーム(SAIプラットフォーム)が新たに作成した農場集水池レベルアセスメントツールを適用すること。