環境パフォーマンス

ネスレ製品パッケージの環境パフォーマンスを改善する

環境パフォーマンス

 製品パッケージは、食品の廃棄を防ぎ、ネスレの高い品質基準を保証し、消費者に情報を提供する上で極めて重要です。また、使用済みパッケージを回収し、再利用することで、目に見える変化を実現できる分野でもあります。ネスレが主に力を入れているのは、循環経済を促進し、海洋投棄対策となるような、エコデザインとパッケージ廃棄物管理の改善です。ネスレは、ライフサイクルアセスメント(LCA)を用いて、製品パッケージの環境パフォーマンスの向上を図っています。

現在までの私たちの進捗状況

 ネスレは、製品パッケージに必要最低量の包装材を使用します。効率的なエコデザインプロセスにより、パッケージ最適化に関する2017年の目標を1 年早く、ほぼ達成しました。2016年には、22,525トンの包装材の使用を削減しました。これは4,330万スイスフランのコスト削減に相当し、二酸化炭素換算量にして430,893トン、自家用車に換算すると年間91,679台の削減に相当します。2017年から2020年の製品パッケージに関する目標を修正し、拡大しました。

 輸送の影響も含めた製品パッケージの環境パフォーマンスを向上させるため、ネスレの『環境サステナビリティに関する方針』に沿った製品パッケージの最適化を継続しています。現在、ネスレが使用する包装材の34.9%は再生可能な材料で作られています。適切な廃棄物管理インフラが存在していなければ、廃棄物の回収はできません。そのため、ネスレはこの問題に重点を置き、最終的には海洋投棄を防止するよう、陸上でのパッケージ廃棄物管理を改善するイニシアチブを推進します。消費者にはパッケージ上の表示を通じて、プラスチックやその他包装材のリサイクルを奨励しています。

2020年に向けた私たちの目標

 2017年までに、2015年から2017年にかけて、少なくとも10万トンの包装材を使用しないよう、パッケージポートフォリオの体系的な分析、最適化を継続すること。

 2020年までに、2015年から2020年にかけて、少なくとも14万トンの包装材を使用しないよう、パッケージポートフォリオの体系的な分析、最適化を継続すること。

 2020年までに、関連する10市場において、パッケージ廃棄物管理と海洋投棄の問題に取り組むため、関連するステークホルダーとの協力活動を推進すること。