霞ヶ浦工場

霞ヶ浦工場 
 

【所在地】
〒300-0622
茨城県稲敷市神宮寺字迎山1751

【主要製品】
「ネスレ キットカット」、「ネスレ クランチ」、コーヒーミックス製品、
「ネスレ ブライト」、「ネスレ クレマトップ(ポーションタイプ)」、「ネスレ ミロ」 、「ネスカフェ ボトルコーヒー」、栄養補助食品

霞ヶ浦工場 工場環境オフィサー 生田 哲也 霞ヶ浦工場
工場環境オフィサー
生田 哲也

<オフィサーより>

 霞ヶ浦工場では、「キットカット」、「ブライト」、「ボトルコーヒー」、栄養補助食品など多品種の製品を製造していることから廃棄物の種類が多く、ゴミの分別や置き場の確保が課題でした。ネスレで行っている5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)活動と環境活動を組み合わせることによって、工場に勤務する社員全員が、地球環境保全に意欲的に取り組む意識を持つようになり、廃棄物(再生資材)置き場も整理され、整然と処理されるようになってきています。

 「キットカット」製造ラインから出る食品廃棄物(ウエハース屑など)は、現在ブタやダチョウの飼料としてリサイクルしています。また、「クレマトップ」ポーション包材のマテリアルリサイクルや、排水処理の際に発生する汚泥についても堆肥化しリサイクルしています。地元地域の豊かな自然を守るため、環境保全活動にも賛同、積極的に協力しています。

 これらの取り組みにより、霞ヶ浦工場は2014年、廃棄物0を達成し今日まで継続しています。 こうした霞ヶ浦工場の環境活動が高く評価され、「地球にやさしい企業表彰」で2003年6月に茨城県知事賞を受賞しました。 今後も環境活動の一層の推進に努めていきます。

<環境保全への取り組み>

【製造設備】

  • アンモニア冷凍機

【その他・地域活動】

  • 食品廃棄物の全量飼料化
  • 「クレマトップ ポーション」包材のマテリアルリサイクル
  • 汚泥の堆肥化
  • 霞ヶ浦工場早朝清掃活動
  • 排水処理の強化
    浮上分離装置、活性炭吸着設備、凝集沈殿装置を導入し、排水基準順守
  • LNGへの燃料転換
    重油・灯油をLNGに切り替え、大気汚染物質やCO2削減
  • R22フェーズアウト
  • 分別機導入
    個包装(「キットカット ミニ」、スティックなど)を包材と中味とに分別し、それぞれリサイクル
エネルギー使用量(製品1トンあたり)  
水使用量(製品1トンあたり)  
排水量(製品1トンあたり)  
CO2排出量(製品1トンあたり)  
SOx排出量(製品1トンあたり)  
埋立廃棄物排出量(製品1トンあたり)