教育プログラム

適切な栄養摂取と食事のために、教育プログラムを実施する

適切な栄養摂取と食事のために、教育プログラムを実施する

ネスレには、栄養に関する専門知識と消費者についての深い理解を共有し、とりわけ人生の初めの1,000日の栄養の重要性を伝える責任があると私たちは信じています。医療従事者、親と保護者とともに、ネスレの知識を広め、適切なチャネルを通じて、健康的な子どもの育成を支援しています。

私たちの目標

推進中 – 低栄養と栄養過多の問題に取り組んでいる医療専門家向けに栄養教育サービスとプログラムを提供すること。

推進中 – 初めの1,000日(母親の妊娠期から子どもが2歳の誕生日を迎えるまで)の重要性について、親と保護者向けに栄養教育を提供しています。これには、人生最良のスタートのための妊娠中の母体の栄養や、乳児に最適な母乳育児の推進などが含まれます。

2015年までに、ネスレ ニュートリション インスティテュート(NNI)のオンライン専門家教育を、世界の20市場以上で利用できるようにすること。

2015年までに、ネスレの「スタートヘルシー、ステイヘルシー」を、多言語オンライン栄養教育サービスを通して世界の500万人以上の母親と保護者に届けること。

2016年までに、ネスレの「スタートヘルシー、ステイヘルシー」を、栄養教育を通して世界の1,000万人以上の母親と保護者に届けること。

2017年までに、グローバルウェブサイトと10カ国語による12の国別サイトを通じて、NNIのオンライン専門家教育を50カ国以上で利用できるようにすること。

私たちの進捗状況

NNIは栄養情報を出版する最大組織として、栄養と関連する健康問題に関する医療専門家向けに教育サービスやプログラムを提供しています。2015年には、13件の国際会議を支援し、うち9件でサテライトシンポジウムを主催しました。

ネスレの「スタートヘルシー、ステイヘルシー」は、人生の初めの1,000日についてアドバイスを提供する教育プログラムです。2015年末までに、世界の2,000万人以上の母親と保護者にプログラムを届けることで、2016年の目標を上回りました。