脂肪

ネスレ製品に含まれる飽和脂肪酸を削除し、トランス脂肪酸を除去する

ネスレ製品に含まれる糖類を削減する

食事に含まれる脂肪は、健康的なバランスのとれた食事の一部として重要ですが、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸を過剰に摂取すると、心疾患や糖尿病などの生活習慣病にかかるリスクが大きくなるおそれがあります。私たちは、ネスレの食品に含まれる飽和脂肪酸を削減し、すべての部分水素添加油(PHO)由来のトランス脂肪酸を完全に除去することを目指しています。

私たちの目標

2016年までに、ネスレの食品飲料製品から部分水素添加油(PHO)由来のトランス脂肪酸をさらに除去すること。

2016年までに、「ネスレ栄養基盤(NF)」の基準を満たしていない製品で、飽和脂肪酸をさらに10%削減すること。

私たちの進捗状況

ネスレはWHOの推奨に従い、消費者の1日あたりのトランス脂肪酸の摂取量を最小限に抑えるため、すべての食品飲料製品からPHO由来のトランス脂肪酸を除去します。基準に適合しない油脂を使用しているすべての工場が、サプライヤーや技術チームと密接に協力しながら改善活動に取り組んでいます。目標達成に向けて順調に進んでいます。

飽和脂肪酸に関するネスレの課題は、消費者の楽しみに影響を与えることなく、賞味期限を通じて製品の品質を維持しながら、食品飲料製品の配合を改良するためのソリューションを開発することです。

私たちは関係事業者と密接に協力し、これまでにネスレの食品飲料製品に含まれる飽和脂肪酸1,900トンの削減を実現しました。これは、10%の削減目標のうち2.2%に相当します。

残る製品に適用する新しい有望な技術的ソリューションを開発中で、今後さらに7.2%を削減できると考えています。そのためには工業的検証と資本投資が必要であり、2016年以降もこのコミットメントへの取り組みを継続することになると考えています。