人材-社員向け研修

『ネスレの経営に関する諸原則』、栄養に関する研修を社員に実施する
ネスレ日本の視点
栄養に関する研修を社員に実施栄養に関する研修を社員に実施
ネスレは、社員向けの栄養と健康教育「NQニュートリショントレーニング」を全世界で行っています。

社員向けの栄養と健康教育として、2007年から世界のネスレで一斉に開始した「NQニュートリショントレーニング」は、2015年末時点で全世界の約42万名の従業員が受講し、約3万6,000名が更新講座を受講しています。

日本でも全社員への研修を完了しており、継続的に新しく入社した社員、マーケティングや開発関係者向けに研修を行っているほか、種々のツールで社員の栄養知識向上を図っています。

また、コンプライアンスに関する社内での意識啓発活動や、新入社員、新任係長や課長、部門長を対象にしたコンプライアンス研修を行っています。ネスレにおけるコンプライアンスとは、『ネスレの経営に関する諸原則』を実践することです。社員1人ひとりがこのことをより深く理解し、職場やステークホルダーとのかかわりの中で自信を持って実践できるようさまざまな支援を行っています。