環境パフォーマンス

ネスレ製品パッケージの環境パフォーマンスを改善する
ネスレ日本の視点

 2016年、ネスレ日本グループは、包装材料の形状変更により302トンの軽量化を達成しました。削減を達成した主な分野は以下のとおりです。

  • ガラス : −105トン
  • 紙包装材料 : −183トン
  • プラスチック、ラミネートフィルム: −14トン

 「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」と「ネスカフェ エコ&システムパック」(詰め替え製品)を組み合わせた製品で、段ボールの仕切りを改善して緩衝材の使用を取りやめました。この改善は公益社団法人 日本包装技術協会主催の「2016年日本パッケージングコンテスト」で輸送部門賞を受賞し、2015年から2年連続受賞することができました。