環境-製品の環境影響評価

製品が環境に与える影響を評価し最適化する
ネスレ日本の視点

ネスレ日本は、地球温暖化の原因の1つとされる二酸化炭素の排出量において、トラック輸送に比較し約8分の1と環境負荷の少ない鉄道輸送を利用するなど、モーダルシフト(大量輸送できる鉄道輸送と海運輸送に転換)を推進しています。
    パートナー企業や団体と協力し、今後もバリューチェーン全体の環境パフォーマンスの向上を目指します。

ネスレ日本のモーダルシフトへの取り組み
2010年: 製造工場から北海道への輸送をすべてフェリーに転換。「エコシップ・モーダルシフト事業優良事業者」に認定。
2012年: モーダルシフトへの取り組みを本格的に強化。
2013年: 国の環境事業である平成25年度「モーダルシフト等推進事業」として認定。
2014年: 「モーダルシフトの取り組みに関する宣言と確認」をJR貨物グループと共同で作成、鉄道への転換を積極的に推進することで合意。
2015年: 「エコレールマーク」認定企業を取得。ネスレ日本、川崎近海汽船株式会社、一般財団法人日本気象協会の3社で海運により日本のモーダルシフトを推進することで合意。
表彰受賞歴
2014年: 平成26年度グリーン物流パートナーシップ優良事業者表彰国土交通省物流審議官表彰受賞。
2015年: 平成27年度グリーン物流パートナーシップ優良事業者表彰国土交通大臣賞受賞 / ネスレ日本が参加する神戸モーダルシフト推進協議会が、第16回物流環境大賞 物流環境保全活動賞受賞 / ネスレ日本が自社のモーダルシフトの取り組みについてまとめた論文が鉄道貨物振興奨励運営委員会の最優秀賞に選出。
2016年: 3社での海運によるモーダルシフト推進で、第17回物流環境大賞受賞。



VOICE
ご一緒に輸送の効率化、自然環境の改善など社会貢献に尽力してまいりたいと思います

日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)代表取締役会長 石田 忠正 氏

経済活動の大動脈である国内物流は大きな転換期を迎えています。従来からの環境問題に加え、トラックドライバー不足の深刻化により、トラック輸送から鉄道、海運へのモーダルシフトが急速に進行しているからです。貨物鉄道の特徴はCO2排出量がトラックの約8分の1である環境性能、トラック65台分を1人の運転士で運べる大量輸送性、定時発着率が94%台と世界の最高水準にある正確性などです。世界の環境問題をリードしてこられたネスレは、日本国内においても早くから物流改善や鉄道輸送への移行を実現され、国の表彰を受けられるなど、モーダルシフトの牽引者として注目を集めてきました。これまでの先駆的な取り組みに敬意を表し、感謝申し上げるとともに、今後とも新たなご提案を通して、ご一緒に輸送の効率化、自然環境の改善など社会貢献に尽力してまいりたいと思います。

日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)
代表取締役会長 石田 忠正 氏

VOICE
モーダルシフトの取り組みを通して持続可能な社会の実現に努めてまいりたいと思います

全国通運株式会社 代表取締役社長 杉野 彰 氏

全国通運は、北海道から九州まで全国222社の代理店通運事業者と安心・信頼のネットワークを構築し、エネルギー効率に優れる鉄道を利用し、お客様の物流改善に貢献しております。2013年に立ち上げた神戸モーダルシフト推進協議会では、ネスレ日本の強力なリーダーシップのもとさまざまな課題を解決し、鉄道利用を飛躍的に拡大していただきました。この取り組みで平成27年度グリーン物流パートナーシップ優良事業者表彰国土交通大臣賞をともに受賞できたことに改めて感謝申し上げます。今後も輸送効率に優れる31フィートコンテナの利用拡大、他企業とのマッチング輸送に創意工夫を働かせ、モーダルシフトの取り組みを通して持続可能な社会の実現に全国通運も努めてまいりたいと思います。

全国通運株式会社
代表取締役社長 杉野 彰 氏