製品材料リストの簡素化

ネスレの製品材料リストを簡素化し、合成着色料を除去する

製品材料リストの簡素化

 新しい世代の消費者は、購入する食品の栄養組成について安心を求める傾向が強くなっており、昨今の健康志向の高まりによって、透明性、信頼性、より価値の高い原材料に対する要求がますます強まっています。

現在までの私たちの進捗状況

 食品飲料製品に関する消費者の新たな期待に応えるため、ネスレでは、野菜、スパイス、ハーブ、穀粉など、誰もが知っている見分けやすい天然原料の使用を重視する‘キッチンカップボード’のアプローチを通じて、製品ポートフォリオの改革に取り組んでいます。‘キッチンカップボード’は、材料リストの簡素化、野菜と全粒穀物の含有量の増加、食品飲料製品に含まれる食塩と糖類の削減も目指しています。

 また、このアプローチを補完するものとして、人工添加物、香料、着色料の除去を加速させるとともに、こうした成分の使用について、透明性あるわかりやすい情報を提供しています。

2020年までの私たちの目標

 2020年までに、ネスレ製品から合成着色料を完全に除去すること。

 2020年までに、一般になじみのない原材料を継続的に除去すること。