グローバルユース・イニシアチブ:

Nestlé needs YOUth

 ネスレは、若い世代に未来を与えられるコミュニティだけが繁栄できると信じています。
ILO(国際労働機関)の推定では、5人中2人の若者が失業中、もしくは貧困から抜け出すことができない仕事をしています。グローバル企業として、ネスレは若者が技術を高め、経験を積むための支援をすることを決定しました。支援することで彼らは仕事を見つけ、または起業することができます。

 分野や経験値にかかわらず、ネスレ社内のクリエイティブな先駆者、成功した農業起業家、起業家、そして変革者となれるよう、ネスレは次世代の若者たちに就職に必要な知識や技術を身に付けてあげたいと考えます。
この取り組みは、困難に負けない活気のあるコミュニティの構築と国連の持続可能な開発目標の支援に役立つでしょう。

 そのために、ネスレは原材料調達から製品の製造、配送までのバリューチェーン全体を通じてNestlé needs YOUth イニシアチブを拡大しています。

ネスレの長期的な目標

ネスレの長期的な目標は、世界中の1,000万人の若者が2030年までに、収入機会を得られるように支援することです。

ネスレの活動

過去10年間、ネスレはグローバル、ローカルそしてブランド活動を通じて、何十万人もの若者に働くための準備を支援してきました。世界中の400万人以上の農業従事者に対する研修と支援、そして200万人の女性のビジネススキル開発を支援しました。

2030年に向けた長期的な目標を目指して、3つの重要分野に焦点を当てます。

雇用と雇用適性
若者の技術支援

ネスレは若者が技術を高めるための支援をすることを決めました。支援することで彼らが‘雇われる’’技術を身に付ける(職業訓練)’’支援を受ける’そして’多くのチャンスを得る’ための活動を通じて仕事を見つけることができるのです。
詳しくはこちらをご覧ください。

農業起業家精神
原材料を栽培する

ネスレは、若い農業従事者の収入を改善し、農業分野のリーダーとなれるよう支援することで、次世代の農業起業家を育てます。彼らは、ネスレ製品を作るために必要な原材料を栽培する農業従事者でもあるのです。ネスレは、HENRi@Nestléオープンイノベーションプラットフォームにおける挑戦を通じて、彼らを奨励したいと考えます。

起業家精神

若者のビジネス能力を見出して育成することを通じて、ネスレは起業家精神を醸成します。彼らは、ネスレが新しい市場や消費者にアプローチする上で力となるでしょう。彼らは将来のビジネスの課題に対する解決策を見つけるイノベーターです。 詳しくはこちらをご覧ください。