農場の経済状態

ネスレのサプライヤーである農業従事者の農場の経済状態を改善する

農場の経済状態

 ネスレは、農業従事者と協力して安全で良質な原材料を生産すること、そして若い才能ある農業従事者に農業を続けてもらうことを目指しています。この目標への重要な原動力の一つは、農業経済性です。農業で十分な収入が得られなければ、若い農業従事者を定着させることはできません。従って、農業従事者と協力しながら彼らの仕事と限界収益を理解した上で、品質を重視し、生産性を高めることによって成長を支援する必要があります。この取り組みを通じて、次世代の農業従事者の意欲を高め、ネスレのサプライチェーンを守るために不可欠な農業への定着を促していきます。

現在までの私たちの進捗状況
能力構築プログラムの研修を受けた農業従事者数  

 2020年の目標の達成に向けて、引き続き順調に進んでいます。2016年には、農業従事者の栄養改善や貧困緩和の重要性など、関連する問題について継続的に学ぶことができました。「ネスカフェプラン」や「ネスレ カカオプラン」などのプログラムを通じて、農業に従事する女性を支援する新たなイニシアチブを含め、さまざまなプロジェクトや活動を開始または実施しました。コートジボワールでは、女性の役割向上を目指す女性フォーラムを立ち上げ、エクアドルとベネズエラでは、女性を対象に、収入源の多様化と拡大のための新しいスキルを学ぶ研修を実施しました。

2020年に向けた私たちの目標

 2020年までに、RDF基準の結果に基づき、7つの優先調達地域の農業経済性を改善すること(農業経済性には、生産性、品質、コストと価格プレミアムというネスレが重視する4つの要素を含む)。