1866-1904


創成期

ネスレの歴史は、アングロ・スイス煉乳会社がスイスでヨーロッパ初の煉乳生産工場を開業した1866年に始まる。アンリ・ネスレは1867年に画期的な乳児用食品を開発し、1905年にはアングロ・スイスと合併。これが現在知られているネスレグループとなる。この時期には都市の発展が進み、鉄道や汽船の普及により物価が下がり、消費財の国際貿易が飛躍的に拡大する。

Highlights


1866

「ミルクメイド」 アングロ・スイス練乳会社

米国人のチャールズ&ジョージ・ページ兄弟がアングロ・スイス煉乳会社設立を支援。スイスで豊富に出回る新鮮なミルクを使用し、母国で得た知識からスイスのカムにヨーロッパ初の煉乳製造施設を設立。新鮮なミルクの代わりとして、安全で長期保存のきく製品であるとうたい、「ミルクメイド」ブランドのもと、ヨーロッパ工業都市へ製品の供給を開始する。


1867

アンリ・ネスレ 「乳児用乳製品」

ネスレの創業者であり、ドイツ生まれの薬剤師であったアンリ・ネスレは、スイスのヴェヴェーで「乳児用乳製品」の生産を開始。これは牛乳、小麦粉、砂糖を混ぜ合わせたもので、母乳での育児が難しい乳児も摂取できる。アンリ・ネスレは、乳幼児の高い死亡率を解決する取り組みとしてこの製品を開発した。現在もコーポレートロゴとして使用する鳥の巣マークを使い始めたのもこの頃。


1875

アンリ・ネスレのサインが入った契約書

アンリ・ネスレは、会社とヴェヴェーの工場を3人の地元事業家に売却。生産・販売拡大のため、化学者や優秀な労働者が雇われる。


1878

ネスレとアングロ・スイス練乳会社の広告

ネスレとアングロ・スイスは、互いに相手のオリジナル製品である煉乳や乳児用乳製品に競合する製品を販売するようになり、両社の間で競争が激化する。両社はともに海外での生産と販売を拡大。


1882-1902

スイス・カムに原料となる牛乳が到着

1882年、アングロ・スイスは米国に進出。しかしジョージ・ページの死により失敗に終わる。1902年、米国の事業を売却、これがその後のネスレとの合併につながる。


1904

スイスのチョコレート会社で働くネスレの社員

ネスレはペーター&コーラーの輸出販売を請け負い、初めてチョコレートの販売を開始する。1875年からはミルクチョコレートの開発でアンリ・ネスレ自身も重要な役割を果たす。その頃ヴェヴェーで近隣に立地していたダニエル・ペーターに煉乳の供給を行い、それをペーターが使用して1880年代に初のミルクチョコレート製品を開発する。