西アフリカのエボラ出血熱対策に寄付

10 15, 2014

ネスレは西アフリカのエボラ出血熱対策に少なくとも10万スイスフラン(約1,100万円*)を寄付すると約束しました。これは国際赤十字赤新月社連盟(IFRC)や他の国際支援に役立てられます。

農村地域での水と衛生施設へのアクセスを改善する国際赤十字赤新月社連盟の取り組みを支援するために今後5年にわたり500万スイスフラン(約5億6,000万円*)の寄付を行う現在進行中の提携とは別に、ネスレとその社員による寄付が行われます。

このエボラ出血熱対策への寄付は、ネスレがメンバーとなっている世界カカオ財団とともに行われます。世界カカオ財団は57万1,000スイスフラン(約6,400万円*)を寄付することを約束しており、それにはネスレの寄付も含まれています。

世界カカオ財団は100以上の企業がメンバーとなっており、カカオ農家がより多くのそしてより良質のカカオを育成するのに必要な道具を提供することにより、持続可能なカカオ経済を促進しています。

*1スイスフラン112円で計算したときの参考値