第3四半期までの売上:オーガニックグロース4.5%

10 16, 2014

2014年第3四半期末までの売上を発表しました。

不安定な経済環境にあって広範囲の事業領域の成長により4.5%のオーガニックグロースを達成

・売上は662億スイスフラン、オーガニックグロースは4.5%、実質内部成長率は2.3%
・先進市場で0.5%、新興市場で9.5%の成長
・通年業績の見通しは据え置き:約5%のオーガニックグロース、為替相場の変動を除いた実質での利益率の改善、基礎となる資産ベースでの1株当たりの利益の向上および資本効率の改善

ネスレCEO ポール・ブルケ

「追い風のない世界規模での不安定な経済環境の中で、ネスレは広範囲な事業領域にわたり順調に成長しました。今日の売上に集中する一方で、将来に向けた事業の再編と強化を決定しました。『ネスレ ビジネスエクセレンス』を新設し、ネスレの事業規模をさらに活用して、確実に各市場がそれぞれの事業活動の成長に集中できるようにします。厳しい環境ではありますが、これまでの業績を考慮して、2014年ネスレは引き続き約5%のオーガニックグロース、為替相場の変動を除いた実質での利益の改善、基礎となる資産ベースでの1株当たりの利益の向上および資本効率の改善を目指します」

(プレスリリースの中でネスレ日本に関する記述)
アジア、アフリカ、オセアニア地域では、先進市場において、日本の絶え間ないイノベーションと新しいビジネスモデルの展開が良い結果をもたらしています。一方で、オセアニア地域は、低脂肪のCarnation Cooking CreamとFelixのキャットフードを含む新商品の成功にもかかわらず、厳しい結果となりました。

見通し
これまでの業績を考慮し、厳しい環境ではありますが、2014年ネスレは引き続き約5%のオーガニックグロース、為替相場の変動を除いた実質での利益の改善、基礎となる資産ベースでの1株当たりの利益の向上および資本効率の改善を目指します

プレスリリース(英語)
プレスリリース(和訳)