ネスレグループ 2013年1-9月売上を発表

10 17, 2013

ネスレグループ2013年第3四半期末までの売上:オーガニックグロースは4.4%,通年の業績見通しを再確認

  • 売上は4.0%増で684億スイスフラン
  • オーガニックグロース4.4% 、実質内部成長率3.0%、3地域すべてが貢献。
  • 先進市場のオーガニックグロースは1.1%, 新興市場は8.8%
  • 通年業績見通しを確認:オーガニックグロースは約5%, 為替相場の変動を除いた実質での利益率の改善、基礎となる資産ベースでの1株当たり利益の向上

ネスレCEO ポール・ブルケ

「広範なカテゴリー、価格帯、地域において実質内部成長は勢いを取り戻しています。特に目覚ましいのは、ヨーロッパの持続的成長と、アジア・アフリカの加速です。外部環境が厳しい今こそが、私たちのビジネスの基礎をさらに強化する時です。それは成長をもたらすイノベーション、製品流通、そして消費者との関係づくり、また事業運営のパフォーマンスを改善する製品ポートフォリオの強化、資源配分の改善、構造の効率化などに向けた施策です。成長の勢いは持続し、通年で約5%のオーガニックグロース、為替相場の変動を除いた実質での利益率の改善、基礎となる資産ベースでの1株当たり利益の向上をもたらすと考えています。」

日本に関して

アジア、アフリカ、オセアニア地域では、オセアニアと並んで日本が厳しい環境下でも勢いを取り戻しています。日本では特に「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」が引き続き好調です。

詳細はプレスリリース(英語)をご参照ください。
http://www.nestle.com/media/mediaeventscalendar/allevents/nine-month-sales-2013