インサイト:バリューチェーンに沿ったネスレの環境への取り組みの改善

5 8, 2013
インサイト:ネスレ安全衛生環境担当グローバル責任者クラウス・コンツェルマン インサイト:ネスレ安全衛生環境担当グローバル責任者クラウス・コンツェルマン

ネスレ安全衛生環境担当グローバル責任者
クラウス・コンツェルマン

食品の生産チェーンでは世界の限りある資源の大部分が使用されています。だからこそ世界を代表する食品飲料企業としてネスレは、事業機会の追求と同時にそれに伴う責任を負う立場であることを認識しています。

ネスレは、よりおいしくてより健康的である上に、環境により良い製品をつくることを目指しています。農場から食卓に至るすべての製造過程を検証し、改善の領域を設定しながら私たちは課題に取り組んでいます。

当初から、主に自社の直接の生産活動に絞り込んで取り組み、ネスレはこれまでに大きな成果をあげてきました。2002年以来、製品1トン当たりの水の取水量と直接の温室効果ガス(GHG)排出量を半分にまで減らしました。

これは、過去10年にわたり私たち自身が責任を持って取り組むことができる、明確で持続的な改善目標を設定してきたことで、達成できました。

私たちはコーヒーかすをクリーンな再生エネルギー資源として使用し、工場内で水をリサイクルする高度なろ過システムを使用するなど新技術を採用してきました。

よりクリーンなエネルギーへの転換

気候変動は、私たちの生産活動のための長期的な原料調達が直接影響を受ける清浄な水の入手の問題など、環境問題を深刻化させるかも知れません。

メキシコでネスレは風量発電会社と契約しました。 現在では、メキシコのネスレ工場で使用される電力の85パーセントが風力発電によるものとなっています。私たちの見積もりでは、年間で3万9,000台相当の小型車が排出する温室効果ガスを削減することになります。

フランスのシャルランジュとロジェール、ヘルタ・サン・ポルにあるネスレ工場はすべて認証森林ででる木くずを燃料とする薪ボイラーを導入しています。シャルランジュ工場は必要な燃料の96パーセント相当をそのボイラーでまかなっており、年間およそ8,000トンの二酸化炭素削減に貢献しています。

これら3つのボイラーによりネスレフランスが排出する二酸化炭素全体の4分の1を減らしています。

配送に工夫

ネスレの工場と配送センターから毎日12万5,000トン以上の製品が輸送されています。

配送ルートの工夫と輸送手段の変更により、温室効果ガス排出削減や騒音、道路渋滞の緩和に大きく寄与できることがわかりました。

ポーランドでは昨年、自社の配送センターの一つを移転させることで温室効果ガスの排出を5分の1削減することができました。その移転により配送コストも4分の1削減、そして国内の配送距離も1件あたり60キロメートル短縮させることができました。

長距離の陸上輸送を鉄道または海上輸送に切り替えることにより、2011年欧州全体で、二酸化炭素の排出量を5,000トン以上削減することができました。

包装の最適化

廃棄物ゼロ:英国ヨークにあるネスレ工場でリサイクルのため仕分けられた廃棄材料 廃棄物ゼロ:英国ヨークにあるネスレ工場でリサイクルのため仕分けられた廃棄材料

英国では、より軽いコーヒー詰め替え容器を導入することにより、「ネスカフェ」を運ぶ大型トラックの数を半減する予定です。

この新容器はアルミとプラスチックフィルムの複合素材でできています。従来に比べ包装資材の使用量を3分の1以上減らしましたが、コーヒーの内容量は変わりません。

つまり、使用するトラックの台数を減らし輸送で排出される温室効果ガスを3分の1以上減らしながらも、1パレットあたりのコーヒー積載量は2倍に増やせるということです。

この新容器は従来のものと比べて製造に要する水とエネルギーの量が少なくてすみます。この軽量容器により、小売店頭での陳列もしやすく、お買い上げ後の持ち運びや家庭での保管も楽になります。

無駄を省く

無駄を削減することは天然資源の保全につながります。2002年対以来、私たちは、工場ででる廃棄物の量を製品1トンあたりで半分に減らしました。昨年私たちの39工場で廃棄物ゼロ排出を達成しました。

工場では製造過程ででる副産物を農場の家畜のえさや堆肥、バイオガスとして役立てています。残った金属やプラスチック、紙、缶、段ボールは契約業者によって処理され、別用途の新たな原料となります。

バリューチェーンをさらにさかのぼり、農業生産や収穫後の食糧のロスを減らすために農作物の品質や保管方法の改善と、全体的により持続可能な農作業の促進を目指して、農家の方々にトレーニングを提供しています。

消費者をサポート

よりクリーンなエネルギー:環境保全に影響を与えない木くず見本の回収 よりクリーンなエネルギー:環境保全に影響を与えない木くず見本の回収

同時に私たちは、消費者自身が環境への影響を改善できるように取り組んでいます。さまざまなポーションサイズが選べるようにし、1食分の量や調理法をわかりやすく表示するなど、食品の廃棄量を減らす努力を重ねています。

例えば、「ネスカフェ」1杯のためのお湯を沸かすことは、バリューチェーン全体の中でもっとも資源を消費する行為であることをご存じでしたか?

多くの人が必要以上のお湯を沸かしがちです。一個人としては無視できる量かもしれませんが、もし毎秒1杯の
「ネスカフェ」をつくる5,500人*の全員がぴったりの量のお湯を沸かせば、世界の27の「ネスカフェ」工場によって使われるよりも多いエネルギーを節約することができます。

*「ネスカフェ」は世界で毎秒5,500杯飲まれています。

私たちが行っている製品のライフ・サイクル・アセスメントによれば、「ネスカフェ」工場の高度な製造加工技術のおかげで、1杯の「ネスカフェ」を作るのに、従来のフィルターを使っていれるレギュラーコーヒーに比べて半分の資源しか必要としません。

私たちの責務

ネスレ製品の環境に与える影響を改善するために多くのことを行ってきましたが、まだまだやることがあります。

だからこそネスレは初めて、2020年あるいはそれよりも早く達成したい社会と環境の持続可能性への私たちの取り組みについて、皆さまに公表させていただくこととしたのです。

環境保全の責任は社会のあらゆる部分が担うべきと信じていますが、ネスレの持続可能な環境方針は、私たちが貢献できる領域においてはリーダーシップをとる決意であることを反映しています。ネスレ製品がよりおいしくて健康的であるだけでなく、バリューチェーン全体でより環境にやさしいものとなることが私たちの目標です。

より環境にやさしいネスレ製品をお届けすることは、消費者に選んでいただける理由がひとつ増えるということです。それにも増して重要なのは、それは当然やるべきことだということです。