循環経済

世界で最もサステナブルな企業を紹介します

7 24, 2017

サステナビリティ(持続可能性)という言葉をよく耳にします。また、サステナビリティは良いことだと私たちは聞かされています。とはいえ、世界で最もサステナブルな企業に目を向ける前に、この言葉が実際に何を意味するのかを理解しておくべきでしょう。

サステナビリティと聞くと、リサイクルされたティーバッグや家庭菜園で作った野菜などのイメージが浮かぶかもしれません。しかし、数十億ドル規模のグローバル産業にとっては、いったいどんな意味があるのでしょうか?

国連は、持続可能な開発を"将来の世代の欲求を満たしつつ、現在の世代の欲求も満足させるような開発"と定義しています。

世界で最もサステナブルな企業とは、環境、社会、経済に与えるマイナスの影響を最小限に抑えながら、プラスの影響を最大限発揮できる取り組みを最も行っている企業のことです。

一見、何やら空想の世界の"サステナビリティ マシン"のようにも見えますが、残念ながら違います。この図は、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)において、多くの複雑な評価をもとに、各企業のパフォーマンスが算出される仕組みを示したものです。

DJSIは、2,500社の世界的大企業のパフォーマンスを評価する、世界的に認知された独立基準です。では、主要5部門の業界トップ企業を以下に紹介しましょう。

自動車
BMW (ドイツ)

DJSIによれば、BMWは非常に優れた環境面と社会面のパフォーマンスで自動車業界をリードしています。同社では効率改善の取り組みにより、過去1年間に社用車の1キロメートルあたり平均CO2排出量を3.3%削減しました。

DJSIは、優れた環境パフォーマンスに加え、BMWは世界で最も魅力的な雇用主の一つでもあると指摘しています。社員に数多くの教育訓練の機会を提供しています。また、人権尊重への強いコミットメントを示している企業でもあります。

消費財
LGエレクトロニクス (韓国)

LGは、温室効果ガス排出量の40%削減、環境にやさしい新規事業の15%増大などの'グリーナー2020'の目標を設定しています。

DJSIによれば、2008年以降、同社は温室効果ガスの総排出量を353,000トン削減しました。また、グリーンパッケージング(環境配慮包装)ガイドラインにより、梱包重量と物流コストを削減しています。

LGは、社会投資予算の91%をコミュニティ イニシアチブに投入し、技術的な専門知識を活用して、一般利用のためのアクセシビリティ アプリの開発や公共インフラへの貢献を行っています。

食品飲料
ネスレ (スイス)

ネスレは100点満点の総合得点で92点の評価を受け、経済、環境、社会の3分野すべてにおいて業界最高得点を獲得しました。

DJSIは、ネスレがサプライヤー管理の方針に人権問題を組み入れたという'優れた措置'をとったことと、健康と栄養の分野で業界をリードしていることを高く評価しました。

ネスレは'環境スコア'で100点の評価を受けており、製品とプロセスを可能な限り環境と社会に配慮したものとするコミットメントが認められました。

たとえば、ネスレ スイスは先頃、地元の酪農業者との協力で、牛の堆肥を利用した国内最大の農業バイオガスプラントを開設しました。このプラントは、天然ミネラルウォーター Henniezのボトリング工場とスイス国内の送電系統に、環境負荷の少ないエネルギーを供給しています。

酪農業者は堆肥の対価として、環境負荷の少ない有機肥料を受け取ります。また、ネスレは地元の環境保護するよう酪農業者の支援も行っています。このような各種のプロジェクトが評価され、ネスレは企業市民・フィロンセラピー(社会貢献活動)を評価するDJSIの社会スコアで、100点満点中98点を獲得しました。

家庭用品
ユニリーバ (オランダ)

DJSIは、ユニリーバの事業運営全体にサステナビリティが顕著に表れていると評価しています。

例えば、Doveブランドは、従来の美しさの基準に疑問を投げかけ、女性たちに自分の身体に自信を持つように促す「セルフエスティーム(自己肯定)プロジェクト」で知られています。このプロジェクトは1,900万人の若い層を取り込み、Doveをユニリーバの最もよく売れているブランドの一つに押し上げました。

ユニリーバは、管理職を占める女性の人数を増やす取り組みにおいても優れた進歩を成し遂げました。同社では現在、管理職の45%を女性が占めています。

ユニリーバ サステナブル リビング プランは、同社製品の環境に与える影響を半減することを目標としています。すでに使用済み製品の処分に伴う廃棄物の量を、2010年以降、29%削減しました。

電気機器
ヒューレット・パッカード・エンタープライズ (米国)

DJSIは、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)はその事業戦略において、経済面、環境面、社会面を継続的に優先していると評価しています。

同社は、雇用分野で特に優れたパフォーマンスを示しています。個人情報保護に関する活動は、従業員、顧客の福利と人権に対する同社のコミットメントを支えています。

DJSIは、イノベーション管理がHPEのもう一つの強みであるとし、サービスとコンサルティングのさらなる重点化という新しい戦略的方向性により、新たな領域での競争性が高まると指摘しています。

サステナビリティはなぜ重要なのか

コミュニティに投資する企業は、多くの人が働きたいと思う会社になります。社会に還元してくれる会社で働いている人は、自分たちがより良い世界を作ることに貢献していると感じられます。

社員を個人として、またコミュニティの一員として大切にする企業では、社員の忠誠心や仕事への熱意が高まる傾向が強く、ひいては顧客満足度の向上につながります。

社会的責任と環境的責任を負うことは、顧客の期待でもあります。近年、自分が購入するものが及ぼす影響を知りたいと考える消費者がますます増えています。これを理解している企業は、ビジネスモデルにおいて、最も持続可能性の高い選択をすることをかねてから重視する企業です。