インターナショナルシェフズデイ × 「ネスレ ヘルシーキッズ プログラム」

10 17, 2016

「ネスレ ヘルシーキッズ プログラム」が世界司厨士協会連盟と協働して、世界中で展開しているインターナショナルシェフズデイ。今年も昨年に引き続き、日本でも全日本司厨士協会とのコラボで10月13日に、東京の目黒区立田道小学校で実施されました。
この協働企画は、子供たちに食べることに関心を持ってもらい、健康的な食生活をおくるきっかけにしてもらうこと、またシェフという職業にも興味をもってもらうことを考えて行われています。

 

今年のテーマは、料理の過程で子どもたちの創意工夫を活かすことを目指す、「Art on a Plate」。シェフによる講義では、子どもたち全員が熱心に耳を傾け、プロの技に目を輝かしていました。

 

体験授業では、事前にシェフが子どもたちのデザインをベースとして作ったテリーヌを、野菜やフルーツ、カラフルな3色のソースを使って子どもたちがデコレートしました。プロの味に自ら手がけたデコレーションがあいまって、野菜が苦手な子どもも残さずに平らげていました。