ネスレS.A.エグゼクティブボードの人事異動

9 27, 2016

2016年9日26日スイス発

ネスレグループで40年の長きにわたり顕著な功績を収めた、エグゼクティブ・バイスプレジデント(EVP)ゾーンEMENA(欧州・中東・北アフリカ)責任者ルイス・カンタレル氏が、2016年12月31日に定年退職します。2003年にネスレのエグゼクティブボードのメンバーとなり、2005年からゾーンヨーロッパを率い、そして2008年からはゾーン南北アメリカを率いました。カンタレル氏はグローバルビジネスのネスレ ニュートリションの創設に大きく貢献し、ネスレ ヘルスサイエンスを立ち上げ、この2年間は新たなゾーンEMENA組織を成功裏にまとめました。取締役会はネスレグループへの多大な貢献に対しルイス・カンタレル氏に謝意を表します。

これによりネスレ取締役会は次のとおりエグゼクティブボードを変更することを決定しました。

現在EVPネスレ ウォーターズ責任者のマルコ・セテンブリ氏が2017年1月1日付けでEVPゾーンEMENA責任者としてルイス・カンタレル氏を引継ぎます。

ミラノのボッコーニ大学で経営学学位を取得したイタリア人のマルコ・セテンブリ氏は1987年ネスレ イタリアに入社しました。2004年にサンペレグリノの社長に就任。2006年にはイタリアのマーケットヘッドに就きました。そして2007年にネスレ ピュリナペットケア ヨーロッパのCEOに就任しました。セテンブリ氏のリーダーシップのもと、ペットケアはヨーロッパにおいてネスレ有数の大きなビジネスおよび利益を生むビジネスになりました。2013年セテンブリ氏はネスレ ウォーターズの責任者としてエクゼクティブボードのメンバーになりました。

現在ネスレ ロシアおよびユーラシア地域マーケットヘッドのマウリツィオ・パタルネッロ(Maurizio Patarnello)氏が2017年1月1日付けでネスレ ウォーターズのデピュティエグゼクティブバイスプレジデントとしてマルコ・セテンブリ氏を引継ぎます。

イタリア人のマウリツィオ・パタルネッロ氏はナポリ大学でMBAを取得しています。パタルネッロ氏は1993年にネスレに入社し、財務部門でいくつかの職責を歴任したあと1999年にサンペレグリノへ異動しました。2002年以降ネスレ ウォーターズのビジネスの中で責任範囲が広がり2004年にチーフオペレーティングオフィサー兼ネスレ ウォーターズ中東およびアフリカ地域ビジネス責任者に就任。2007年にはネスレウォーターズアジアもその責任範囲に加わりました。2010年10月パタルネッロ氏はウクライナとモルドバのマーケットヘッドに就任し、2012年現職に就きました。

さらにネスレ取締役会はネスレ プロフェショナルのビジネスの枠組みを、現地および地域単位で、多くは家庭内消費ビジネスの展開とリンクするよりカスタマイズされた製品、サービスへの増大する要求に応えるため、グローバルビジネスから、ネスレ プロフェショナル ストラテジックビジネスユニットが支援するリージョナルビジネスへ変更することを決定しました。この新たな枠組みの中で、地域の責任者たちはそれぞれの地理的なゾーンの直属となります。これにより、それぞれのリージョンやマーケットにおいて、ネスレ プロフェショナルの飲料と食品カテゴリーの事業戦略をもって完全な一貫性を確保しながら、グループの強みをさらにいかし、顧客にいっそう集中し、協力と実行を強化することができるようになります。

そして現在ネスレ プロフェショナル責任者のマーシャル・ローランド氏は、2017年1月1日付けでネスレ ロシアおよびユーラシア地域マーケットヘッドを引継ぎます。