ブランドヒストリー 「マギー」

5 20, 2016

ジュリアス・マギー: 正確に実情を把握していたジュリアス・マギー

1869年、23才のジュリアス・マギーは、スイスのチューリッヒ近郊にある家族が経営する製粉工場で、座って、蒸気船の絵に向かってダーツを投げていました。

ダーツはなんとかなりました。しかし、1860年代、アメリカから安い穀物やとうもろこしを運んでくる大きな船によって、ヨーロッパの製粉業者は重大な危機を迎えていました。

ある日、マギーは野菜が好きな工場検査官のフリドリン・シューラーとぶつかりました。「あいた!」
それはともかく、シューラーはマギーに、エンドウ豆や豆といった植物由来の食品は、スイスの労働者の低栄養を防ぐ手ごろな方法だと伝えました。

この人物は、正確に実情を把握していました。ジュリアスも同様でした。安く、栄養があり、簡単に使える野菜由来のさまざまな粉に迅速に投資したのです。一つ難がありました。店の棚から飛ぶようには売れなかったのです。

挫けることなく、ジュリアスは、1886年、Maggi’s Bouillon-Extract を開発しました。これは、よく知られている植物由来の液体調味料で、今日もMaggi Würze または「マギー シーズニング」として販売されています。

 

ジュリアスは、この製品は「一瞬で、手軽に、低コストで、どんなスープや水っぽいブイヨンも驚くほどおいしく栄養たっぷりになる」とラベル上で伝えました。「嘘だろ!」と人々は思いましたが、その後、あとを引くほどおいしい「マギー」の調味料を試しました。

そして、人々は気に入りました。とても。

「マギー」製品はヨーロッパ全土に広がり、ジュリアスの富をなし、そして1947年、マギー社はネスレと合併しました。

今日、「マギー」はヌードル、ブイヨン、スープ、調味料やソースといった栄養価の高い食品を販売しています。多くの製品が、人々の食事を改善する一助となるヨウ素や鉄といった微量栄養素で栄養価を高められています。

関連リンク: ネスレの歩み