ビタミンA欠乏への取り組み

2 29, 2016

2億5,000万人の未就学児がビタミンA欠乏です。世界(特に低所得国)において、ビタミンA欠乏は予防が可能な小児の失明の主な原因のひとつとなっています。

ビタミンAは、成長、発育、目の健康、強い免疫系に欠かせません。

世界保健機関はビタミンA欠乏の根絶を目指しており、食品の栄養強化は戦略上重要な役割を担っています。ネスレの取り組みについて、インフォグラフィックをクリックしてご覧ください。