‘Good Food, Good Life’ : ネスレS.A. 創業150周年を迎えて

1 29, 2016

1867年のスイス。早産児が母乳を飲むことができず、有効な母乳代替食品の不足から多くの乳児が栄養不足で亡くなっていた時代でした。この事態を知ったアンリ・ネスレは、自らが新しく開発した乳児用乳製品をある男の子に与えます。男の子はこの乳製品だけは消化することができ、命を取り留めました。

 

この成功がたちまち噂として広まり、アンリ・ネスレは、決断力・責任感・開拓者精神をもって、会社を創業します。アンリ・ネスレの命を救うイノベーションは、ネスレの150年間の歴史にわたってすべての後人のモデルとなり、変わりゆく消費者のニーズを予測してそれに応えるスキルに表れています。

今日では、1日に10億個以上ものネスレ製品が世界中で消費されています。ネスレは事業を197カ国で展開、34万人近くもの従業員を抱えています。アンリ・ネスレがスイス・ヴェヴェーで創業した小規模な会社とは大きく異なりますが、ネスレは今も、アンリ・ネスレの価値観や有名な鳥の巣のロゴ、ヴェヴェーの本社を大切にしています。

産業化時代の成長

ネスレの歴史は、アングロ・スイス煉乳会社がヨーロッパで初となる煉乳生産を開始した1866年に正式に始まります。冷蔵技術が普及する前の時代、搾りたてのミルクは輸送中に腐りやすかったので、煉乳もまた命を救う製品でした。1905年、アングロ・スイス社はアンリ・ネスレが設立した会社と合併、ネスレ・アングロ・スイス煉乳会社となり、1977年にネスレと改称しました。

ネスレが早期に成功を収めることができた要因には、科学的根拠に基づく製品づくり、してそれを効率よく生産する近代的工場への投資を挙げることができます。鉄道や汽船によって世界中の都市市場へ販路を拡大し、栄養、高い品質、安全性、手頃な価格そして味など製品の良さを人々に知ってもらうため、新聞、雑誌、看板等の近代的広告媒体を巧みに活用しました。

 

これが成功への原型となり、多少改善は加えられてはいますが、今日も同じ手法が用いられています。ネスレ製品に共通する長所としては簡便性もあります。第二次世界大戦後に女性の社会進出が進んだ際には特に重要となりました。簡単に調理できる食品のニーズが高まっていたからです。

1938年には、世界で初めて、お湯を注ぐだけで美味しいソリュブルコーヒー「ネスカフェで1日をスタート」することが可能となり、1948年には冷たいミルクにも簡単に溶けるココアベースのパウダー製品「ネスクイック」もお楽しみいただけるようになりました。さらに1957年には、缶入りの調理済み食品「マギー」のパスタで1日を終えられるようになりました。この製品は大ヒットしました。

料理の負担軽減のために

缶入り食品は以前からありましたが、栄養のある食事が缶に収められている点で新しく、ネスレにとって急成長した分野となりました。缶入り食品は長期保存が可能で、簡単に温めて食べることができ、冷たくても食べられます。缶は持ち運びが簡単なので、キャンプに出かける際に、例えば「ネスカフェ」を飲みながら食べることもできます。このような製品は現代社会を形づくる上で一翼を担い、人々の生活を一変させました。

 

1960年代からは、家庭用冷蔵庫や冷凍庫の普及に伴い、ネスレは冷凍食品やアイスクリーム市場に参入し、人々はネスレ製品の簡便性も享受できるようになりました。1986年、ネスレは新たな一歩を踏み出し、画期的な「ネスプレッソ」システムを開発、プレミアムコーヒーの味わい方に変化をもたらしました。

「ネスプレッソ」も、いつでもどこでも、人々のクオリティ オブ ライフを高めるネスレのイノベーションです。人々が初めてチョコレートを手にしたときのような喜びをもたらしました。ネスレは、基幹ビジネスであるチョコレート市場に1904年に参入しました。ペーター&コーラーの輸出販売から始まり、後に「カイエ」や「キットカット」のブランドが加わりました。

 

理想的栄養素:食品の未来

今日、ネスレの事業は飲料、水、乳製品、菓子、ペットケア製品、スキンケアにまで及びます。2011年には、最適な脳の健康やヘルシーエイジングを目的とした栄養ヘルスケア製品を開発するネスレ ヘルスサイエンスを設立、栄養・健康・ウェルネス分野におけるリーダーシップを強化しました。

 

これらのイノベーションは、低栄養、人口増加、高齢化そして肥満といった世界的な問題にネスレが取り組む一助となるでしょう。栄養にかける同じ熱意は、食塩、糖類、飽和脂肪酸を減らすことで製品をより良くする、ビタミン、ミネラル、野菜、全粒穀物で製品の栄養価を高める、というネスレのコミットメントを支えています。

ネスレは150周年を迎えるにあたり、長期的に成功するためには、株主の皆さま、事業を展開する地域社会、そして社会全体に対して価値を創造しなければならないという確固たる信念を抱いています。創業者アンリ・ネスレの価値観を大切にすることは私たちの信条であり、ネスレはこれからの150年に向けても ‘Good Food, Good Life’をお届けしてまいります。

関連リンク