食と生命のサイエンス・フォーラム2015 開催

11 16, 2015
11月13日(金)、ネスレ栄養科学会議、ネスレ リサーチ東京と東京大学総括プロジェクト機構 総括寄附講座「食と生命」は、「食と生命のサイエンス・フォーラム2015」を開催しました。

今回のテーマ:「栄養とヘルシー・エイジング」
いつまでも健康で自立した生活を送りたい~ヘルシー・エイジングは高齢化社会を生きる私達の課題です。そのためには若い頃からバランスのとれた食事や運動の必要性を理解し実践することが大切です。今回のフォーラムでは栄養や生活習慣がどのようにヘルシー・エイジングをサポートしていくのか、下記登壇者をお招きし、講演をしていただきました。

  • 石見 佳子 氏:国立研究所開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 国立健康・影響研究所
  • 磯 博康 氏:大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学教授

                     


「食と生命のサイエンス・フォーラム」
栄養と健康の関係をよりよく理解することを目的に、ネスレ栄養科学会議、ネスレ リサーチ東京と東京大学総括プロジェクト機構総括寄附講座「食と生命」による共同主催によって、2011年から毎年開催されている学術講演会。


関連リンク
「食と生命のサイエンス・フォーラム2015」プログラム(講演概要) 
「食と生命のサイエンス・フォーラム」
ネスレ栄養科学会議