妊婦には全粒穀物の摂取が重要、ネスレの研究で明らかに

9 14, 2015

ネスレの科学者たちが、国際的なエピジェンコンンソーシアム(世界有数の公的および民間セクターのエピジェネティクス専門家で構成される団体)と共同で行った研究によると、シンガポールの妊婦の全粒穀物摂取量は国際的なガイドラインを下回っており、妊娠糖尿病のリスクを高めている可能性があることを明らかにしました。

この研究は、アジア・パシフィック・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション誌に掲載された、アジア地域の妊婦の全粒穀物摂取に関する初の総合的な分析です。

詳しくは、こちらをご覧ください(英文サイトへのリンク)。